2013年07月21日

シーグラスday'sの巻

ダイヤミーリングドリルは、先が尖っていますので、正確な位置を出して垂直に削り始めます。
天然とは、違った雰囲気の作品をつくることが出来ると思います
もう一つは、荒崎海岸。ここは海岸といわれますが、磯がある浜辺?です。ここも城ヶ島同様に、砂浜ではなく貝殻浜辺です。

ビーチグラスの数は、一周8個~14個ぐらいが目安です。積み上げるにしたがって、ビーチグラスの大きさを小さくしていくと上手く重ねることが出来ると思います。
僕は家を出る前に天気予報や潮時表を良く見て、
現状の「シーグラスの穴あけ方法」は、このダイヤミーリングドリルでミニルーターを使ったやり方が最適だと思っています。
なんかどことなく寂しさやせつなさも感じるのが不思議です。
海の景色も一緒に(^-^)♪
それでも、まったくビーチグラスが見つからない時は、浜辺を少し岸づたいに歩いてみてください。
なかなか海で拾えないから嬉しいです。 お礼にシーグラス(ビー玉)をあげました。
ビーチコーミングで集めたビーチグラスを使い『人魚のランプシェード』を作ってみましょう。
ただ、ここのシーグラスはまだ荒削りで主に採取しているところに比べると質は劣るものの、何と言っても種類が豊富で久しぶりに興奮してしまいました。
川から流れ着いたゴミ、遠く海外から流れ着いたゴミ、そして多くのゴミは海へ遊びに来た人たちが残していったゴミです。こうしたゴミたちも波に揺られて浜辺に集まります。
みんなが気付かないことに気付けるのがビーチコーミングだと思います。
ビーチコーミングで面白い事があった時などに気まぐれに書いていこうと思います。
そのガラス製品が、海岸の岩や石に当たって砕け、長い時間波に洗われながら砂や砂利に揉まれるうちにカドが取れ、さまざまな大きさカタチの破片になって浜辺へ漂着します。
posted by シーグラス at 23:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

シーグラスday'sのものがたり

今回は私のシーグラスの穴あけ方法をご紹介しましたがこの固定用のヒノキ板は便利です。
いくつかビーチグラスを扱っているサイトを載せておきます。
浜辺があるところならばどこでも取れると思います。この辺りだと鎌倉、葉山、湘南に向かえば間違いないでしょう。とりあえず私が取った場所を教えますね。
海や環境について少しずつ知って自然と上手く付き合っていけたら良いと思います。
1.ビーチグラスを重ねよう。
第一投目はシーグラスの集め方。
この「ダイヤミーリングドリル」は、0.9mmから1.9mmまでの比較的小さな穴を開ける事が出来るガラス用のドリルです。
私は、最近これにはまってしまいました。
明日はもう少し色々お写真も紹介できるといいなと思います。
潮の流れや堤防の位置によっても、波は変化していますので浜辺の散歩を楽しみながら、のんびりビーチグラス探しをしてみてはいかがでしょうか?
また、店主は超レアなシーグラスをたくさん持っているので、興味がある方は声をかけてね。
○新聞紙…
そして、今回は沢山のイモガイもありましたので、こちらはモビールなどに使いたいと思っています。
しかし、ビーチグラス・流木・貝殻よりも多く見られるのは大量のゴミです。
条件が分るようなるといい時で1、2時間もあればこれくらい集めれるようになります。
実際に風の強さを体感し、凡そのポイントの目安をつけます。
海水浴へ出かけた時、浜辺でキラキラ光る磨りガラスを見かけたことはありませんか?
posted by シーグラス at 23:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

はやりのシーグラスday's

2. ダイヤモンドが入っているキリ先。(私はダイヤミーリングドリルを使っています。)
クラフト素材を販売しているお店なら置いている所もありますが、主に通販サイトで販売されています。そこでは天然のビーチグラスではないことが明記されており、浜辺で見つけられるビーチグラスとは微妙な風合いが違うことも説明されています。
まには海に出かけて取りに行ってみてください。気づくとシーグラス&貝殻とりで夢中になってますよ。
しかし最近、飲料水の容器がガラス瓶からペットボトルへと代わったことによって、瓶の投棄は減りビーチグラスの数は、年々減ってきているように感じます。
重ねて安定した所を見つけたら、接触部分にボンドをつけてビーチグラスを接着していきます。
第一投目はシーグラスの集め方。
次に購入したのが大阪でフレキシブルシャフトなどの製造で実績のある「サンフレックス株式会社」の「ダイヤミーリングドリル」でした。
シーグラスって知っていますか?。シーグラフではありませんよ(笑)。
朝陽が当たると綺麗です♪
ビーチグラスは、海から近い波打ち際の方が見つけやすいと思われる方がいるかもしれませんが、実は波打ち際より少し岸側に多く見つけることができます。
それとシーグラスをさっそくお持ちいただいたお客様もいました。白のシーグラスでした。
ビーチグラスを重ねていく台として使用します。いらなくなったCDが無い場合は、平らな板などでもOKです。
ただ、ここのシーグラスはまだ荒削りで主に採取しているところに比べると質は劣るものの、何と言っても種類が豊富で久しぶりに興奮してしまいました。
これらのゴミたちの多くは、自然に帰ることが出来ない物ばかりです。誰かが拾わなければ、ゴミはどんどん浜辺に溜まってしまいます
この日はSクラスがたくさん取れました。
少し長いですが、沢山集めたい方は参考程度に是非読んでください。
皆さんも、ビーチグラスを探しながら浜辺をのんびり歩いてみてはいかがですか?
posted by シーグラス at 18:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。