2013年07月11日

真の名シーグラスday's

シーグラスの穴あけをする時は必ず両面から開けるようにしないと欠けてしまうので要注意。
いくつかビーチグラスを扱っているサイトを載せておきます。
もう一つは、荒崎海岸。ここは海岸といわれますが、磯がある浜辺?です。ここも城ヶ島同様に、砂浜ではなく貝殻浜辺です。
新たに瓶(ゴミ)を投棄することは絶対にしてはいけません。
ビーチグラスの数は、一周8個~14個ぐらいが目安です。積み上げるにしたがって、ビーチグラスの大きさを小さくしていくと上手く重ねることが出来ると思います。
そしてとりあえず家から一番近い浜に向かい、
最初に試したのがホームセンターに置いてある「ガラスドリル」でした。
非常に多く取れるのは、茶色と白。茶色は使い方が難しそうです。白は、光を通すのでなるべく多く採っていたほうが良いと思います。緑、青などはなかなか見つかりません。緑系、青系と統一して取ることも良いのですが、白があると色あわせが便利なので白は忘れずに。基本的には、色に関係なく、見つかったら採るとしたほうが良いと思います。
かなり大きな瓶です。
探す海岸にもよりますが、ビーチグラスは波打ち際よりも少し岸側1mくらいの所に砂ではなく、直径50cm~1mぐらいの小石が溜まっている領域に多く見られます。
それとシーグラスをさっそくお持ちいただいたお客様もいました。白のシーグラスでした。
ランプシェードの基礎になります。160mlまたは250mlのスチール缶を用意しましょう。
今回多く見られたのが薬品などの瓶の蓋、青と黒など割りと形が残っていた物がありました。
温暖な海の浜辺へ行けば、珊瑚が打ち上げれれている所もありますので色々な浜辺を散策してみると素敵な出会いがあるかもしれませんよ。
興味のない人から見たらただの散歩ですが、
そしてとりあえず家から一番近い浜に向かい、
皆さんも、ビーチグラスを探しながら浜辺をのんびり歩いてみてはいかがですか?
posted by シーグラス at 23:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。