2013年07月16日

シーグラスday'sの巻

シーグラスに穴を開けるには、スポイトなどで、水を掛けながら熱を逃してやる方法と直接水に浸してやる方法の2種類ありますが、私の場合、最初はスポイトを使ってやっていましたが、今は後者の水に浸してやる方法を取り入れてます。
浜辺で見つけたビーチグラスを「天然物」といい、アートクラフト用に人工的に作られたビーチグラスのことを「養殖物」という表現をすることがあります。
一つは、神奈川県三崎市城ヶ島!。ここには城ヶ島公園というのがあるのですが、磯に下りると岩と岩の間に貝殻が散乱しているのが見えます。気づくと回りは砂浜ではなく全部貝殻なんです。大きいのから小さいのたくさんあります。時間をかけてゆっくり選別しながらとることができます。

※あまり多く積み重ねてしまうと、ビーチグラスの自重でせっかく積み上げたビーチグラスが崩れてしまいますので、焦らずのんびり作っていきましょう。
今日の風速や風向き、海流がどう動いているか、昨日の地形はどうだったか、
次に購入したのが大阪でフレキシブルシャフトなどの製造で実績のある「サンフレックス株式会社」の「ダイヤミーリングドリル」でした。
なんかどことなく寂しさやせつなさも感じるのが不思議です。
お天気が良ければ少し海にも行くと思いますのでの時は
浜辺の形状や波の入り方によっては、この小石の山が見つけられない場所もあります。
それとシーグラスをさっそくお持ちいただいたお客様もいました。白のシーグラスでした。
熱で溶けた樹脂が冷めれば固着するので、ボンドより短時間で接着作業が出来ます。
今回多く見られたのが薬品などの瓶の蓋、青と黒など割りと形が残っていた物がありました。
しかし、ビーチグラス・流木・貝殻よりも多く見られるのは大量のゴミです。
でも事故や怪我には十分気をつけてくださいね。
浜を良く観察して、ビーチコーミングをする場所を決めて車を走らせます。
皆さんも、ビーチグラスを探しながら浜辺をのんびり歩いてみてはいかがですか?
posted by シーグラス at 15:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

恋せよシーグラスday's

中心を外さないようにゆっくり穴をあけます。
いくつかビーチグラスを扱っているサイトを載せておきます。
もう一つは、荒崎海岸。ここは海岸といわれますが、磯がある浜辺?です。ここも城ヶ島同様に、砂浜ではなく貝殻浜辺です。
今、また環境の観点から瓶製品が見直されている面もありますが、今後ビーチグラスは収集するのが難しい貴重な素材になるかもしれません。
人魚のランプシェードが完成したら、中にブルーやクリアのランプを入れたり、煙の出ないキャンドルを入れて、優しいビーチグラスの灯りを楽しみましょう。
実際に風の強さを体感し、凡そのポイントの目安をつけます。
この「ダイヤミーリングドリル」は、0.9mmから1.9mmまでの比較的小さな穴を開ける事が出来るガラス用のドリルです。
私は、最近これにはまってしまいました。
海の景色も一緒に(^-^)♪
茶色はビール瓶、緑や薄い青色はコーラやラムネ瓶など、他にも色々な色のビーチグラスと出会うことが出来ると思います。
また、店主は超レアなシーグラスをたくさん持っているので、興味がある方は声をかけてね。
ここでは、用意する材料を書き出しました。浜辺で集めたクラフト素材以外に必要なものは、ホームセンターや100円ショップなどで売っている材料を利用します。
珊瑚も沢山ありましたので、こちらはオブジェ作りには欠かせないアイテムです。
浜辺を注意深く歩いていれば、いつでも見つけることが出来るビーチグラスですが、見つけやすいタイミングがあります。 それは、台風や嵐で大波があった後です。
みんなが気付かないことに気付けるのがビーチコーミングだと思います。
慣れないうちは、逆光にならないように探すとよいと思います。
カドがきれいに取れている、まるで加工作品のように美しい色ガラスたちを「ビーチグラス」といいます。
posted by シーグラス at 13:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

はやりのシーグラスday's

今回は私のシーグラスの穴あけ方法をご紹介しましたがこの固定用のヒノキ板は便利です。
クラフト素材を販売しているお店なら置いている所もありますが、主に通販サイトで販売されています。そこでは天然のビーチグラスではないことが明記されており、浜辺で見つけられるビーチグラスとは微妙な風合いが違うことも説明されています。
今考えられるのが、キャンドル立て、冷蔵庫につけるマグネット、タイルなど。ただ、シーグラスを集めて、グラスに入れて飾るのも良いかもしれません。この他にも皆さんのアイデアで色々なものができると思います。今回はまだお見せできるものがないのですが、何かできたらまたここに掲載したいと思います。その時は、作り方もご紹介したいと思います。
川や海に捨てられたジュースや日本酒・ワイン・ビールなどの瓶やその他のガラス製品の破片が、波に洗われ長い時間をかけて磨りガラスに生まれ変わるビーチグラス。
空き缶を取り出したら、横からみて隙間のある所を小さなビーチグラスで内側から埋めて補強していきます。
今までぜんぜん取れなかったのにある日突然沢山取れた・・・
穴の開け方も初期の頃は、スポイトで水を指しながら少しづつ、半分くらい削って、反対側から再度穴を開けると言う、気長な作業で、一つ開けるのに、およそ30分程度掛かるという状態です。
ビール瓶 コーラ、ラムネ
ビー玉を200個近く入れて水を入れて撮影。
探す海岸にもよりますが、ビーチグラスは波打ち際よりも少し岸側1mくらいの所に砂ではなく、直径50cm~1mぐらいの小石が溜まっている領域に多く見られます。
皆様もビーチクリーンついでにぜひ集めてお持ちください。ドリンクのカスタム無料になります。
ビーチグラスの大きさにもよりますが、ビーチグラスは150個~200個程度あると丁度良い大きさのランプシェードがつくれると思います。
色の種類も茶色や透明など一般的に多いものから、青や緑、紫や黄色など種類が少ないものまで少しの時間で沢山仕入れることが出来ました。
大波が去った後の浜辺には、いつもよりたくさんのビーチグラスを見つけることが出来ます。
そして乾かします。
実は僕はこの瞬間がとても楽しいです。なんか、クイズみたいで。
中にはビーチグラスのことを海のガラス「シーグラス」と呼ぶこともありますが、私は砂浜で見つけた時のキラキラした宝石のようなイメージが強いので、ビーチグラスと呼んでいます。
posted by シーグラス at 19:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。